So-net無料ブログ作成
検索選択

時事法律コラム:改正貸金業規制法下の債務整理 ...

債務整理債務整理が誰でも分かるガイドBOOK。いずれ破綻が必至であれば、先延ばしをして傷を深くするのではなく、早い段階で債務整理を行い、経済的再生を図るべきことは言うまでもない。改正貸金業規制法下において、債務整理の必要性と重要性は益々高まったと言える。 個人の債務整理の主な方法としては、自己破産、個人再生、特定調停及び任意整理がある。そこで一口に債務整理と言っても、どのような方法をとるかという、「方法の選択」が非常に重要である。ガンになったからといって、何でもかんでも手術して切除すればいいというものではないのと同様である。何でも自己破産というのはまずいし、何でも任意整理というのもまずい。 例えば、多額の負債を抱えた年金生活者がいたとする。借家暮らしで特に資産もなければ、年金は差押禁止だから、直接取立を防ぐために法律専門家が代理人として受任する必要はあるが、それ以上敢えて自己破産を申し立てる必要はないだろう。

司法書士や弁護士の先生に相談する前に、債務整理に関する基本をここで押さえていって下さい。しかし、上限金利の出資法までの引き下げ(20%)は2010年の6月からです。・・・遅っ!
どうやらこの「改正貸金業法」、段階的に施行されているようです。目玉の金利引下げは第3段階。今年(2007年)の1月には第一弾として、ヤミ金に対する罰則が強化されています。懲役が最高5年から10年に引き上げられていたんです。で、今回は第2段階として、自主規制団体「日本貸金業協会」を通して規制が強化されます。また、金融庁は登録取り消しや業務停止命令に加え、業務改善命令も出せるようになりました。ただ、この一連の貸金業法の改正に伴いさらに闇金などを通して、債務整理予備軍が増えるのでは、という指摘もあります。以下、読売オンラインからの引用です。

お勧めリンク集
足立区の債務整理 | 借金返済の延長方法 | 借金返済の期限延長 | ザ・実録債務整理 | 過払い金について


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。