So-net無料ブログ作成
検索選択

偉愚庵亭憮録: 川崎戦

川崎。「モバゲー」を1人で開発した男川崎修平氏の素顔(前編)。家に帰って録画を確認してみると……おお、後半20分、浦和が攻め込んだ場面で、川崎の誰かがゴールマウスの中で、手を使ってボールを跳ね返しているじゃないか。間違いない。テレビ埼玉は、執拗にリプレイをしている。鬼の首を録画したみたいに。で、浦和の選手がハンドをアピールをしている間にカウンターが発動。チョン・テセのファインゴールが決まって2点目。ああああ。あそこで、正しい判定が為されていれば、展開は違っていた……かどうかはわからないが…… 寝よう。   ※試合前の練習風景。客席は、夏休みということで、子供連れが多かった。目の前にペットボトルが飛んでキタ━(゚∀゚)━!!なんて、生まれて初めての経験させていただきました。トップがあの方なので、ウヤムヤ処分で終わるんだろうなーと川崎一同あきらめモードです。

今回は、モバゲーのコミュニティー機能とゲームの基礎部分を1人で作ったdenaの取締役、川崎修平氏にインタビューし、モバゲーで目指したことを聞いた(後編はこちら)。dena取締役で、ポータル・コマース事業部システム部システム開発グループに所属する川崎修平氏。東京大学大学院博士課程在学中、2002年1月よりdenaにアルバイト入社。だから、denaに入る前は自分で会社を立ち上げようと考えていました。── ゲームが好きと言うと、例えば、過去にハマったゲームはありますか?川崎 ゼビウスとか、スペランカーとかですね。最近だとバーチャファイターや、スマブラx(大乱闘スマッシュブラザーズx)。denaの開発部にはゲーム好きが多いので、「今日、行きますか!」と誘って、ゲーセンで対戦することもありますよ。── 「行く」って、飲みじゃなくてゲーセンなんですね(笑)。

お勧めリンク集
ザ・実録債務整理 | 債務整理で借金減額 | 名古屋の債務整理 | 債務整理・比較 | 債務整理と民事再生


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。